具体的なデザインの作成ルール

デザインを見る側は「直感的」に判断しています。

デザインを作る側は「意図的」に制作しています。

 

デザインの基本1:グループ化

最初に、関連する内容や項目をグループ化します。
これは、情報をわかりやすく伝えるための作業で、
まず全体をみて組織化します。

組織化された各グループごとにまとめて
違うグループとは離します。

グループ化

<まとめ1>
伝えたい情報をグループ化し、ユーザーの混乱を避けます。

 

デザインの基本2:整列

「整列」とは、きちんと列をつくって並ぶこと。
小学生の時の朝礼を想い出すのは私だけでしょうか…

デザインで整列と言えば、文章や写真などの配置のことになります。

視覚的な読みやすさがあれば、
ユーザーの理解度を深めることができます。

整列

※整列をわざと崩すときは、中途半端にならないように大胆にします。

 

<まとめ2>

  • 整列させることで、「見えない線が見える! 」ように。
    実際に線がなくても線があるように見えれば完璧です!
  • レイアウトソフト(Wordやイラストレーターなど)を使えば、
    右揃え・中央揃え・左揃えなどが一瞬でできます。

 

デザインの基本3:繰り返し

全体の中で、同じ要素(同じグループ)で使用する
色・書体・サイズ・位置などは、必ず統一すること。

統一することで、認識しやすくなり安心感も高めます。

繰り返し

<まとめ3>
視覚的にわかりやすくし、視線を迷わせないことが大事!

 

デザインの基本4:コントラスト

いきなり「コントラスト」ってなんやろ!?と
意味がわからない方も多いでしょう。

コントラストとは対比・比較、
二つのものを比べたときの「差」のことです。

・テレビのコントラストが…
・モニターのコントラストが…
それと同じです。それって・・・



明るい部分と暗い部分の明度の差ですよね。

もっと平たい言葉では「メリハリ」と言ったほうが
わかりやすいでしょうか。

具体的には、
・書体(フォント)
・色(カラー)
・大きさ
・線の太さ
・空き(白場)

これらを『はっきりと違わせること』
見やすい印刷物が仕上がります。

対照

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

メリハリ

<まとめ4>
全体のレイアウトを考えるときにメリハリ(強弱)をつけることを意識します。