ストライプパターンをスウォッチライブラリメニューへ登録する

前回、ストライプパターンの簡単な作り方を記事にしました。
「illustratorのパターンの作り方」

今回は、スウォッチライブラリメニューに登録して、
オリジナルパターンを新規ファイルでも使える方法を説明します。

※ IllustratorCC/Mac

 

パターンの色を変えてカラーバリエーションを増やす

前回長方形ツールで作ったストライプを使って、
別のカラーでもストライプを作成し登録したいと思います。

カラーバリエーション

 

「オブジェクトの再配色」を使って色を変える

色の変えるのに一個ずつ変更していると時間がかかるので、
今回は「オブジェクトの再配色」を使って色を変更しました。
メニューバーの編集>カラーを編集>オブジェクトの再配色

10

これで4種類のストライプパターンの元ができました。

 

スウォッチライブラリに登録

前回と同様に、出来上がったストライプをスウォッチにドラッグします。

スウォッチ

次に、パネルバーの右上のパネルメニューを開いて
一番下にある「スウォッチライブラリをIllustratorとして保存」します。
*この時、デスクトップに保存しておくと後で便利です。

12

 

※この保存はスオッチ全体を保存してしまうので、
保存したいストライプパターンだけにしておきます。

 

出来上がったパターンを指定のフォルダに移動

出来上がったパターンの「ai ファイル」を任意のフォルダに入れます。
ここでは、パターンフォルダの中に「ikkeフォルダ」を作りました。

アプリケーション>illustratorCC2014>Presets>ja_JP>
スウォッチ>パターン>ikkeのフォルダに入れます。
これで、どのファイルでも使えるようになります。

 

ikkeパターン

 

ストライプの他にドットで水玉のパターンやいろんな模様のパターンも
自分のフォルダにストックしておけば使いやすくなります。