Adobe Creative Cloud

(2011/11/18 旧コラムより)

Adobe Creative Cloudは、月々の費用で、各種クラウドサービスやサポート、トレーニングを含め、最新のCS製品のすべてを使えるという新しい購入方法。

内容は、月額5,000円(税抜き予定価格)でAdobeのソフトウェアをすべて使える上に常に最新バージョンを維持できるのだから、ちょっとお得っぽい。

けれど、目的別で使用するソフトが少ないのなら、年間63,000円は高いと思う。
Adobe Creative Cloudは、2012年初旬に販売を予定しているようだが、従来の形でもソフトは販売されるので、必要だと思ってからシフトしたらいいのかも。

10年以上前はCSという商品はなく、ソフトを単品で購入しなければならなかったし、Photoshopは相当高価なソフトだった。
パソコンも周辺機器もあの頃に比べれば、性能は飛躍的に進歩し価格は下がった。

初めてMacを使い出した頃は、ネットの費用もかなりのものだった。
ホームページといえば、テーブルやフレームタグで組まれた簡素なものばかりで、今のように楽しめて使いやすいサイトはあまりなかったように思う。
WEBの世界は常に変化し続けている。

これからの方向性や必要性を見極めるのが難しいけれど、パソコンが苦手という人に『便利で役にたつものだよ』と伝えていけたらと思う。